【昭和22年創業以来、漢方ひとすじ】 みなさまの心身のお悩みを、まずは私たち専門家にお話しください。

2016年

10月

19日

ダイエット事例「春日井市 N・N様」

春日井市在住 N・N様 58歳 女性 2ヶ月で68.6kg→59.5kg(9.1kg減)

 

高脂血症や不眠、不安など体調不良もありました。春日井市配布のフリーペーパー「はるる」を見て、思い切ってこちらに無料相談の予約の電話をしました。8月2日に説明を聞いただけで家に帰りました。やる覚悟を決め、8月14日に再度来店し、漢方水食法をスタートしました。少ししんどい時もありましたが順調に体重が落ちてやりがいがありました。安定剤などのお薬も減らすことができました。適切に指導していただけたと思います。
H28.10.15

(身長155cm) 2015年8月14日スタート

0 コメント

2016年

9月

16日

漢方ぷちセミナー「アトピー・肌荒れ」 10/18(火)

*毎月無料で開催している初心者向けの漢方勉強会です*

東洋医学の観点からわかりやすく説明します。
漢方薬や健康に関する質問も受け付けます。
予約なしの当日参加も大歓迎ですのでお気軽にどうぞ。

参加費 無料(漢方薬試飲ト)
時間 10:30~12:00

<講師紹介>
加藤宗史
十字の漢方、管理薬剤師/昭和55年十字の漢方勤務
漢方一筋30年以上

オリジナルダイエット法、漢方水食法によるダイエット指導を得意とする。


0 コメント

2016年

8月

23日

漢方ぷちセミナー「ダイエット・季節の養生法」 8/27(土)

*毎月無料で開催している初心者向けの漢方勉強会です*
東洋医学の観点から、太る仕組みについてわかりやすく説明します。
ちょっとした生活習慣のコツを知るだけで、つらい制限などなくても痩せやすい体質へと変えることは可能なのです。
漢方薬や健康に関する質問も受け付けます。
予約なしの当日参加も大歓迎ですのでお気軽にどうぞ。

◎参加者の方には漢方水食法に使用する 健康食品のサンプル(600円相当)進呈◎
参加費 無料(漢方薬試飲・ダイエットに使用する健康食品サンプルプレゼント)
時間 10:30~12:00

<講師紹介>
加藤宗史
十字の漢方、管理薬剤師/昭和55年十字の漢方勤務
漢方一筋30年以上
オリジナルダイエット法、漢方水食法によるダイエット指導を得意とする。


2016年

6月

21日

「旧暦と陰陽五行講座 基礎編 第5回 望診」 6/30(木)

初心者向け

一から学ぶ旧暦と陰陽五行講座 基礎編

 

●全3回シリーズ

第1回2月25日「陰陽論と旧暦」

第2回3月24日「五行説」

第3回4月28日「薬膳」

第4回5月26日「薬膳 続」←緊急追加

第5回6月30日「望診」←緊急追加

 

時間 12時半~3時

参加費 3000円

 

<講師>大成功晃太郎、冨田貴史(第1回のみ)


2016年

6月

07日

漢方ぷちセミナー「ダイエット」 6/25(土)

毎月恒例!初心者向けの漢方セミナーです。

質問なども受け付けています。

 

テーマ:ダイエット、季節の養生法

太る仕組み

生活の中で気を付けるコツについて

漢方水食法について

季節の養生法など

 

◎漢方の試飲あり

◎漢方水食法に使用する商品のサンプル進呈

 

参加費 無料

漢方試飲

漢方ダイエットに使用する健康食品サンプルプレゼント

 

時間 10:30~12:00

 

<講師>加藤宗史:管理薬剤師


2016年

4月

22日

感謝の波動・ストレスの対策方法

感謝の気持ち・感謝の波動

 

言葉や文字には明らかに波動があります。

「いただきます」

「ありがとうございます」     

感謝の気持ちを言葉に表すようにしましょう。
また、食品の波動の安全性も変わります。

ストレスの対策方法

 

ストレスの元は不安と怒りだといわれています。不安は腎と関係があり、怒りは肝と関係があります。
腎と肝を丈夫にしておけば、ストレスに強くなります!
また、ストレスによって気が滞り邪気となるといわれています。
瞑想を1日に5~10分し、手足から邪気を抜くことが大切です。

さらに、ストレスによって副腎皮質ホルモンが体内で分泌され、リンパ球の活性を抑えて免疫力が
低下するといわれています。自分独自のストレス解消法を見つけましょう。

2016年

4月

11日

熟眠ツボ

心身のリセットのためには、十分な睡眠も必要です。
ここでポイントとなるのは、肉体に残っている緊張を取るリラックスのツボを刺激すること。承山(しょうざん)は、いわゆるこむら返りの起こる部分です。


この部分に緊張が残っていると、頭が起きてしまいます。
また足裏の然谷(ねんこく)は、刺激をすると気持ちのいい痛みを感じる部分です。

足裏マッサージでもよく用いられる場所です。


承山:ほぼふくらはぎの真ん中。ちょうど、かかとと膝の裏との中間地点あたり。
然谷:足の内側のいちばんくぼんでいるところ。

2016年

4月

07日

タフな身体をつくるツボ

タフな身体をつくるためには、筋肉系のトリートメントも大切。
柔軟な筋肉は、外界の情報を収拾し、瞬時の判断に結びつけるためにも必要な機能といえます。

そこでおさえておきたいのは、肝・胆経(かん・たんけい)のツボです。
陽陵泉(ようりょうせん)はとくに食べすぎを抑える特効ツボ、陰包(いんぽう)は尿の出が悪いときの特効ツボでもあります。


陽陵泉:膝の横の少し下にある出っ張った骨の、前下際のへこみ部分。
陰包:内ももの下から3分の1あたり(大腿骨の内側の上の端から指4本以上)

2016年

4月

06日

身体のパワーアップに効くツボ

神門(しんもん)、腕骨(わんこつ)というツボは、それぞれ心経(しんけい)、小腸経(しょうちょうけい)の最も重要なツボである「原穴」(げんけつ)と呼ばれています。

原穴は、身体の不調を知るセンサーであると同時に、治療点でもあります。

ここに違和感や過度の痛みを感じると、対応する臓器やその働きにアンバランスが生じていることを意味します。
ただし、腕骨は普通に押しても痛く感じるツボです。

 

腕骨:手の甲の、小指側側面の骨を手首に向かってたどると骨の切れ目があり、その骨と骨の間。
神門:手のひら側で、小指から手首まで直線におろしたところで、押さえるとへこむ部位。

2016年

4月

04日

ヤル気ツボ

聴宮(ちょうきゅう)の聴は耳の意味、宮は宮殿や神社という意味もあるように、大事で大切な場所という意味があります。


文字どおり、すべての耳の病気の治療に用いる重要で大切なツボです。

また、筋肉や運動神経を活発化させるツボでもあります。
さらに、あごの関節の後ろ側の縁に位置することから、「食いしばり」のもとでもあるのです。

ものごとを始める前に、ここを押しながら「やるぞ!」と念じましょう。
やる気が湧いてきます。


聴宮の位置:耳のすぐ前のやわらかい突起の少し下側のところ。

2016年

4月

01日

生理痛・生理不順のツボ

血液の流れを良くし、女性ホルモンの分泌を高めて、生理を安定させます。

  【血海の位置】
  足を伸ばして力を入れたとき、左右の膝のお皿の内側上の筋肉の
  盛り上がりの中央部。

  【三陰交の位置】
  内くるぶしの中心から指4本以上の腓骨の後ろ。

2015年

7月

17日

ダイエット事例「春日井市 M・D様」

春日井市在住 M・D様 56歳 女性 2ヶ月で62kg→56.6kg(5.4kg減)

 

最初の1~2週間はきつく、がんばれるのか不安だったけど、指導のおかげでなんとか通過。
あと5㎏~3㎏減るとよかったが、今後の努力が必要かと。
H27.7.17

(身長158cm) 2015年5月スタート

2015年

6月

15日

ダイエット事例「春日井市 K・O様」

春日井市在住 K・O様 29歳 女性
5ヶ月で71.6kg→55.85kg(16kg減)

 

はじめは二人目を授かりたいと思い、お店を訪れました。
先生をお話し、今の自分にはダイエットが一番の近道だと言われ、今まで背を背けていた現実と向き合い、ダイエットを決意しました。
食事療法は決して楽ではありませんでしたが、すぐに結果も出始めたので、やる気を継続する事ができました。
5か月で16㎏のダイエットに成功。
ダイエット終了後にすぐに二人目を授かることができました。
痩せたことだけでなく、体が軽くなったので、以前よりよく動くようになったし、朝の目覚めも良くなりました。
食事療法のおかげで自分に合った食べ物もわかり、今は、好きなものも少しずつ食べながら体重を維持しています。
今の体重になれるなんて、ちょっと前の自分からは想像もできず嬉しいです。
また念願の二人目を授かることができて幸せです。
ありがとうございました。

H27.6.15

(身長146cm) 2015年10月スタート


2014年

8月

23日

ダイエット事例「守山区 Y・K様」

守山区在住 Y・K様 44歳 女性 5ヶ月で62kg→50kg(12kg減)

 

予想以上に体重が落ち、とても嬉しく思っています。
上手にキープしていけるといいと思います。

(身長152cm) 2014年3月スタート

2013年

9月

12日

ダイエット事例「名古屋市 R・Y様」

名古屋市在住 R・Y様 45歳 女性 3ヶ月で66kg→56kg(10kg減)

 

漢方水食法をもっと早く知っていれば他のダイエット商品を買わなくて済んだのに・・・。
効果が出て満足です。

(身長162cm) 2013年6月スタート

2013年

8月

23日

アトピー治療体験談 35歳男性

アトピー治療を行った35歳・男性より、喜びのお声をいただきました。

 

19歳でアトピーを発症して痒くて眠れない日々。
病院でもらうステロイドがイヤで、思い切って十字の漢方で
治療を開始しました。

3年かかりましたが周りの人から驚かれるくらい肌がきれいになり、
血まみれにもならずアトピー独特の鉄臭さともさよならできて、嬉しいです!


2013年

8月

23日

ダイエット事例「春日井市 T・A様」

春日井市在住 T・A様 45歳 女性 2ヶ月で78kg→66kg(12kg減)

 

漢方水食法をはじめて2週間でたくさん体重が減りびっくりしました。(7kg減)
その後も先生の食事指導で順調にダイエットができました。
シミが薄くなるなど体調も良くなりました。

(身長159cm) 2013年スタート

2013年

7月

19日

ダイエット事例「名古屋市北区 T・I様」

名古屋市北区在住 T・I様 33歳 女性 2ヶ月で70kg→53kg(17kg減)

 

断食とは言っても、サプリメントなどで栄養がとれているので、さほど空腹感もなく、続けることができました。
はじめの3日!!がんばれば成功します!!
2ヶ月コースで-12㎏達成できました。
ありがとうございました。
ずっと便秘に悩まされてきましたが、漢方のおかげで、体質改善でき、毎日、お通じがあるようになりました。

(身長160cm) 2013年5月スタート

2013年

3月

22日

ダイエット事例「多治見市 M・K様」

多治見市在住 M・K様 47歳 女性  1ヶ月で62kg→55kg(7kg減) 

 

(3週間後の感想)
3週間で既にお腹周りがすっきり!!今までのジーンズに手が入るようになりました!ちょっと指導を守れなくて食べてしまったけど、先生の食事指導により3週間で-5㎏を実現しました。
間食しない癖づけをしたことで間食しなくても平気になり、また、毎晩のお酒もやめることができました。

(5週間後の感想)
仕事上不規則な生活で、意志が弱い私ですが、先生の食事指導により思った以上にやせてびっくりしました!
高血圧の薬を服用していましたが、漢方水食法ダイエットを機に服用をストップ。
痩せたことで、血圧が下がり、ベストな状態に!薬を服用しなくても大丈夫になりました。
体脂肪率が42%⇒24.7%(-17・3%ダウン)

(身長151センチ) 2013年2月スタート

2013年

3月

13日

ダイエット事例「春日井市 S・Y様」

春日井市在住 S・Y様 38歳 女性 2ヶ月で67kg→53kg(14kg減)

 

産後少しずつ体重が増えていましたが、去年末タバコをやめたころから急激に体重が増えてしまいました。

そこで必死に漢方水食法を実行しました。
すると1週間で5キロ1ヶ月で8キロのダイエットに成功しました。
嬉しくて次の1ヶ月でも6キロ落とすことができました。
不安、かたこり、むくみなどの症状もなくなり体調も良好です。
(身長162センチ)

2013年

3月

05日

ダイエット事例「春日井市 M・K様」

春日井市在住 M・K様 48歳 女性 2ヶ月で68kg→58kg(10kg減) 

 

この数年体調が悪く、気付いたら体重がかなり増えてしまいました。
そこで痩せる決心をして漢方水食法を試しました。
食事制限がしんどいときもありましたが、先生の指導のおかげもあり何とか2ヶ月で10キロ減量できました!
今は体調もよく、マイナス思考だった私がプラス思考になってきました。
(身長155センチ)

2013年

3月

01日

ダイエット事例「春日井市 Y・M様」

春日井市在住 Y・M様 41歳 女性 1ヶ月で61kg→54kg(7kg減)

 

出産後体重が元に戻らず、体調も今ひとつでした。
自分ではダイエットがうまくでkなかったので思い切って漢方水食法にチャレンジしました。
はじめてみると思ったより楽で、無理なく体重が落ちて嬉しかったです。
以前より体重も良くなり、やってとてもよかったです。
(身長160センチ) 2013年2月

2012年

8月

27日

ダイエット事例「北名古屋市 K・N様」

北名古屋市在住 K・N様 40歳 女性 2ヶ月で82kg→69kg(13kg減) 

 

高血圧で薬を服用していましたが、お医者さんに理由を話して一時その薬を中断して漢方水食法にチャレンジしました。
すると体重の減少と同時に血圧も下がり、さらに花粉症・肌の痒み・のぼせ・肩こりなどもかなり楽になりました。

今ではそんなに頑張らなくても自然に体重が落ちていき、同時に健康になってきたと感じています!
(身長158センチ)

2012年

8月

24日

ダイエット事例「土岐市 E・M様」

土岐市在住 E・M様 41歳 女性 1ヶ月で67kg→60kg(7kg減) 

 

自分ではやせられずにいました。そこで思い切って十字の漢方さんを訪ねました。
漢方水食法をスタートして約1ヶ月、順調に体重が落ちて第一目標の60キロを切ることが出来ました!
最終目標の52キロまでがんばっていこうと思います♪
(身長164センチ)

2012年

8月

23日

ダイエット事例「春日井市 A・H様」

春日井市在住 A・H様 24歳 女性 2ヶ月で63kg→52kg(11kg減) 

 

以前から気になっていた漢方水食法にチャレンジしました。
思ったより楽でしたし、最初の1週間で6.4キロも落ちてびっくり!
そして嬉しくなりその後もがんばれました。
又、以前より体調も良くなりました。やってよかったです!
アトピーの痒みもすっかりなくなりました!
(身長162センチ)

2012年

8月

08日

ダイエット事例「刈谷市 K・U様」

刈谷市在住 K・U様 52歳 女性 5ヶ月で65kg→48kg(17kg減)

 

結婚後少しずつ体重が増え、気になっていました。
身体もむくんだりしんどかったりで何とかやせなきゃと思っていたとき、十字の漢方のホームページで漢方水食法を知りました。
始めてみると思った以上に楽に、そして思った以上に体重が落ちてうれしい気持ちで続けられました。
体調も以前よりずいぶんよくなりましたし、何よりリバウンドが全く無いのにおどろいています。

2011年

8月

12日

ダイエット事例「春日井市 M・F様」

春日井市在住 M・F様 26歳 女性  2ヶ月で58kg→48kg(10kg減)

 

前から気になっていて、思いきってはじめてみました。
とにかく指示通り頑張ったら、みるみる体重が落ちました!
1週間で4.5kg、1ヶ月で8kg、予定の2ヶ月で10kg減。もう少しで目標達成!
(身長151㎝)

2011年

8月

12日

ダイエット事例「春日井市 S・I様」

春日井市在住 S・I様 25歳 女性 1ヶ月で52kg→47kg(5kg減)
M・Fさんの友人です。
先輩から2週間遅れでスタートし、1ヶ月で目標達成!やせられて本当に嬉しい!
(身長158㎝)

2011年

8月

10日

ダイエット事例「春日井市 M・M様」

春日井市在住 M・M様 30歳 女性 2ヶ月で68kg→55kg(13kg減)


結婚後、徐々に太ってしまい、痩せなきゃと思っても、
自分ではどうしても痩せられずにいました。そんな時、目にしたのが漢方水食法。
食事制限はちょっと大変だったけれど、先生の指導を信じてがんばりました。
1ヶ月で9kg減、2ヶ月経った今では、13kg減となり、理想体重(目標体重)になりました。
スカートもはけたし、友人から「痩せたね」と言われ嬉しかったです。
お肌もキレイになり、鼻炎や湿疹も随分楽になりました。

2011年

8月

02日

ダイエット事例「瑞浪市 Y・O様」

瑞浪市在住 Y・O様 42歳 女性 5ヶ月で73kg→55kg(18kg減)

漢方水食法のことを情報誌やネットで知った昨年の夏、思いきって十字の漢方に予約の電話を入れました。
先生のお話はとてもわかりやすく、これなら意志の弱い私でもやれるかもと漢方水食法にチャレンジしたのですが、

思った以上に体重が落ち、体調も以前より良くなり、順調に頑張ることができました。
勝川まで通うのはちょっと大変でしたが、楽しくダイエットができました。

2010年

8月

30日

ダイエット事例「多治見市 K・N様」

多治見市在住 K・N様 女性 2ヶ月で62kg→50kg(12kg減)

最初は出来るかどうか心配でしたが、思いきって始めてみると、体重がどんどん落ちて楽しくなりました。
食事を制限することは、大変でしたが、以前より体調が随分良くなり、頑張ってやって良かったです。
これからも、漢方薬を続けながら体重を維持していこうと思います。

2010年

8月

26日

ダイエット事例「名古屋市 H・N様」

名古屋市在住 H・N様 女性 3ヶ月で54.5kg→48kg(6.5kg減)

漢方水食法の説明を伺い、ダイエットだけでなく、体質改善ができるというので、さっそく、チャレンジしました。
はじめ、ちょっとしんどかったのですが、適切に指導していただき、その後は思った以上に体重も落ちました。
何より、頭痛、めまい、嘔吐、湿疹など、体調がとても悪かったのが、
1ヶ月の間にそれらがほとんど改善されたので、本当にやってよかったです。

2010年

8月

23日

ダイエット事例「春日井市 Y・B様」

春日井市在住 Y・B様 女性 3ヶ月で70kg→55kg(15kg減)

今までどんなダイエットにも成功しなかった私が始めて、漢方水食法で3ヶ月約15kgの減量に成功しました。
週に1回のカウンセリングがあったのですぐ相談ができ、とても安心してダイエットにのぞむことができました。
漢方水食法のおかげで食習慣も変わり、肌も体調も前よりよくなったので、これからも先生の指示に従って続けていきたいと思います。

前より自信を持つことができたので、本当に良かったです。

2010年

8月

20日

ダイエット事例「名古屋市 Y・H様」

名古屋市在住 Y・H様 43才 女性 2ヶ月で63kg→52kg(11kg減)

先日、3月の中旬より開始した2ヶ月コースを無事終了いたしました。
初めての漢方との出会いでしたが、約11kgの減量と軽いアトピー性皮膚炎を治すことができました。
何よりも、週に一度のカウンセリングでの指導が私には一番効果があったように思います。
小さなつまづきがあった時も先生のご指導のお陰で、軌道修正するコトができました。
今後は、自己管理での戦いになるので、この2ヶ月の体験を十分に生かしたいと思います。

2010年

8月

16日

ダイエット事例「春日井市 M・A様」

春日井市在住 M・A様 38才 女性  1ヶ月で55kg→47.5kg(7.5kg減)

私は、カウンセリングを受けて、「これならやせられる」と思い始めました。
先生に言われた食事制限も思ったより楽でしたし、第一、みるみる体重が落ちて、やる気も出て、気づいたら体脂肪が8%も減ってびっくり。

1ヶ月経った今、標準体重にぐっと近づきました。
辛かったむくみも治り、体調も良好、リバウンドしないよう、食事指導を守って、これからも頑張ります。

2009年

8月

23日

ダイエット事例「多治見市 S・O様」

多治見市在住 S・O様 女性 1ヶ月で60kg→53kg(7kg減)

私は「十字の漢方」さんの漢方水食法ダイエットの広告がずっと気になっていました。
「1週間で平均4kg減量、1ヶ月で平均7kg減量だなんてホント?」
今まであらゆるダイエットに挑戦してきた私は半信半疑で無料カウンセリングを予約しました。
「今度こそ痩せたい!!」という私の固い意志に先生は「一緒に頑張りましょう」と丁寧に食生活のアドバイス指導してくれました。
ダイエットを始めて約1ヶ月で7kgの減量(60kg→53kg)に成功。
その後、2ヶ月経ちますが何とか維持もでき、気づいたら偏頭痛も肩こりも無くなって体調も絶好調です。
“漢方水食法ダイエット”は私がはじめて成功したダイエットです。

2009年

8月

12日

ダイエット事例「春日井市 M・K様」

春日井市在住 M・K様 46歳 女性 2ヶ月半で82.6kg→66kg(16.6kg減)

これまでどんなダイエットに取り組んでも、失敗の連続ではじめる前は不安もありましたが、短期間で確実に減量可能というお話を聞いて思いきってチャレンジしました。
すると、なんと7日間で6.5kgも落ちてびっくり。本当に痩せれるんだと嬉しくなり、その後も指示を守って続けています。
現在、2ヶ月半経過したところですが、すでに17kgの減量に成功しました。
体調もとても良く、肌のツヤもあり、健康的にダイエットができていることを実感しています。

2009年

8月

06日

お客様の声「嘘みたいに腰痛が治りました!」

お客様から頂いた声を紹介いたします。

▼ 相談者/★妊婦ちゃん★ 様
こんにちわ!
妊婦特有の腰痛に悩んでいて治療して頂いた者です。

動けないくらいの腰痛でしたが、十字の漢方で宮崎先生の治療と、体の仕組みについての話を聞いて、
“当帰散”という漢方を処方してもらって飲んでいたら嘘みたいに腰痛が治りました!!!

ありがとうございました!!!ほんと~に嬉しかったです!

一緒に出してもらった“レバコール”という栄養補助剤もプルーンジュースみたいで飲みやすいので、
朝一番にお湯で割った漢方とレバコールを飲むのが家事の前のちょっとした楽しみです (*’w’*)/

腰痛とともに感じていた腎臓?付近の内蔵の痛みも、宮崎先生の治療ですぐに治ってびっくりでした!

妊婦は薬をのめないし、体調の変化も激しくて、今までの自分の知識じゃおいつかず、不安なことが多かった。。。

宮崎先生からいろんな知識を分けてもらって自分の体の状況をゆったりと見守ることができて安心しています!

治療の時、『出産が楽になる漢方』って話がありましたがどんな漢方ですか?
それもぜひ試してみたいです。


▼ 十字の漢方 管理人より
御来院ありがとうございます。症状が改善されてよかったですね。
今回のご質問で『出産が楽になる漢方』をお探しとのことですね。

“妊婦ちゃん”さんに処方した【当帰散】は妊娠中に継続して服用することで安産になり、
出産後も服用し続けることにより産後の回復がよく頭痛や腰痛などの産後症状も楽になります。

ですから、今までの漢方をしっかり飲んでいただければ大丈夫ですよ。

あと、出産直前になると『苓桂甘棗湯』という漢方も良いです。
これは、出産時の不安や恐怖を和らげる漢方です。直前に2つの漢方を併用しても構わないですよ。

ただ、専門的な知識が必要ですので、念のため一度十字の漢方にお越しいただいて“妊婦ちゃん”さんのご様子を確認させて下さい。

元気なお子さんを生んでくださいね!

2009年

8月

05日

相談事例「カンジダ膣炎」

お客様からいただいた生のお声をご紹介したいと思います。皆様の何かのお役に立てれば幸いです。

▼ 相談者/まま 様
はじめまして。38歳、主婦です。
もう、かれこれ、20年くらい、カンジダ膣炎を繰り返してます。
病院に行っても「体質だから」と、言われるだけで。
イライラするし、落ち込むし、つらいです。
体質と、あきらめたほうがいいのでしょうか?


▼ 十字の漢方 管理人より
カンジダなどのカビの仲間やいろいろな細菌やウィルスの多くは単に外部からの感染ということだけではなく、私たちの身体の中に常に存在し、共存しているといえます。
そして、何らかの原因で免疫力が低下した時に、それらが増殖して炎症を引き起こします。
ですから体質だからと諦めるのではなく、免疫力の弱い体質を強化していくことが重要で、それが根本的な解決になると思います。

それには、食生活の改善や漢方などが有効です。
また、陰性の体質に細菌は繁殖しやすくなります。
果物、ジュース、白砂糖を極端に減らすことが大切です。

2009年

8月

04日

相談事例「頭が痛くて動けない」

お客様からいただいた生のお声をご紹介したいと思います。皆様の何かのお役に立てれば幸いです。

▼ 相談者/coco 様
こんにちは。
この2ヶ月ずっと頭が痛くて動けないくらいです。

あまりの痛さに脳外科で検査もしたのですが異常はありませんでした。
はじめは市販薬でも効いていたのですが今は殆ど効果がありません。
病院で出されたクスリも飲んでいますが、効果が無く次々クスリを変えてのオンパレードで、未だこれという物がありません。

ある漢方の本を読んでいたら自分は脾虚という状態のように感じて、体を温めるのが大切と知り、牛乳や砂糖などもやめて食事にも気を遣っていますが、
もう1ヶ月以上たちますが未だ治りません。

ちょっと怖いのですが頭痛を楽にするために鍼で治療することは出来ますか? 
もっと気をつけた方が良い食べ物もあったら知りたいし、ほかに何か方法があったらお教え下さい。
お願いします。


▼ 十字の漢方 管理人より
ご相談メールありがとうございます。
頭痛でお悩みとのことですね。
病院で異常がないとの事なので、怪我や疾患が原因ではないみたいですね。
東洋医学では、頭痛は胃の冷えや肝臓・胆のうの経絡異常で起こるとされています。
鍼灸治療でこれらの流れを良くし改善することは可能です。

食事療法ですが、頭痛が起こる原因として気をつける食べ物としては、cocoさんが控えられている牛乳や砂糖類はもちろん、パンや油で炒めたものは控えて下さい。他にはコーヒーや紅茶、香辛料などの刺激物も頭痛の原因となるので控えて下さい。
食べると良いのものは玄米、味噌汁(赤味噌)、漬物という日本食のベースをよく食べてください。
基本的に体を温める食べ物(野菜スープなど)を多くとり、冷たい飲み物や食べ物は控えてください。
煮物や茹でるなど水と火(ガス)を使った調理方法を主にして、電子レンジは使わないでください。

詳しい話や治療は直接十字の漢方に来て頂くのが一番良いと思います。

2009年

8月

03日

相談事例「子どもの頃からアトピー性皮膚炎です」

お客様からいただいた生のお声をご紹介したいと思います。皆様の何かのお役に立てれば幸いです。

▼ 相談者/ともぞう 様
はじめまして。
子どもの頃からアトピー性皮膚炎です。
ただ、そんなにひどくは無く季節の変わり目や体調が悪い時に、ひじ、ひざの裏が痒くなったりする程度でした。(※色素沈着はあります。)

ですが、ここ数年は季節の変わり目など関係なく痒みがでてきたりします。
顔にも出てくるようになりました。
目の周りと鼻の下全体が真っ赤な状態でなかなか赤みが引きません。(いつも同じ部位です。)
化粧などをして隠そうと思っても、逆に肌を刺激してしまって赤みが増すばかりです。
生理前やストレスを感じると、特にひどくなるようです。いつも同じ繰り返しで、良くなる気配がありません。
できれば、このような状態から抜け出したいと思うのですがどうしたら良いのかが分からず、今回相談させていただきました。どうぞ宜しくお願いします。


▼ 十字の漢方 管理人より
アトピーというのは、皮膚の異常や病ではなく肉体に過剰に蓄積されたものの排泄作用だと考えています。

まずは、食事を見直してください。
肌を気にするのではなく腸内の環境を意識してみてください。
ラード、チョコ、アイスクリーム、チーズなどが腸の中に入った後、発酵した後の腸の内を、食べる前に想像してみて下さい。

お米やたくわん、味噌汁に野菜の煮物などが腸内で発酵されるイメージとは違うと思います。
食事を日本人本来の和食へと見直してみてください。


▼ 相談者/ともぞう 様
お返事ありがとうございました。
確かに、チョコ、アイスクリームなど甘いものが大好きです。
食事はなるべく和食を心がけてはいましたが、甘いもので腸内環境のバランスが崩れてしまうのでしょうか?
もう一度、自分の食生活を見つめなおしていきたいと思います。
アトピーなどに効果のある漢方はあるのでしょうか?
もしあれば、是非教えていただきたいのですが…。


▼ 十字の漢方 管理人より
白い砂糖は、腸内環境を悪化します。
アトピーの治療中は取らない方が早く治ります。
大根おろしや漬物が腸にはとても良いです。
私自身、アトピーを1つの漢方で改善することがないので、いい加減なことは言えませんが、生薬で言うと『桂枝』や『黄耆』が肌や腸にいいと思います。
漢方は問診してから処方するものだと思っています。

2009年

8月

01日

相談事例「アトピーと手湿疹」

お客様からいただいた生のお声をご紹介したいと思います。皆様の何かのお役に立てれば幸いです。

▼ 相談者/美穂 様
10年間顔のアトピーと5年間手湿疹で悩んでいました、
顔のアトピーはある化粧品との出会いで改善されましたが、手の湿疹は何年もステロイドを塗り続けたせいなのかステロイドを脱出して1年半になりますが石鹸などを改善しても全くよくなりません。

唯一、生野菜ジュースでの断食を3日間続けた後だけは良くなります。
また、普段も顔に化粧水パックをする事で乾燥を防いでいるのですが、化粧水パックをする事で顔はよくても手湿疹がひどくなります。

化粧水もどんなに無添加のものでパックをしても手には湿疹が出来てしまいます。現在も赤ぎれが出来ています。

どうしていいのかわからず、相談させていただきました。現在の食生活は「まごわやさしい」のみの生活です。どうぞよろしくお願いいたします。


▼ 十字の漢方 管理人より
メール拝見しました。
手の湿疹だけが残るんですね。
食事を完璧にしていれば、体は正常化されるはずですが、おかしいですね。
白い砂糖が大体の原因なので、完全に断つとよいでしょう。
また、何か他に原因があるかもしれませんね。
よろしければ直接ご相談に来られるとよいと思いますよ。
いろいろお話を伺う中で、問題点が見つかると思いますし、適切なアドバイスもできると思います。


▼ 相談者/美穂 様
お返事ありがとうございました。
砂糖は粗糖以外は摂取していないのです。
そして、糖分自体も新鮮な果物以外からは極力とらない様心がけています。

一度お伺いさせて頂き、相談させて頂きたいと思います。ありがとうございます。

2009年

2月

10日

原因不明の体調不良の原因!?

白い砂糖は人工的にミネラルを全て分離させたあとの化学的な粉です。
白い砂糖は単糖で口内から瞬時に血糖値を上げて神経を強く刺激し気分を高揚させます。
白い砂糖を毎日食べているとこの強い刺激に慣れてきて普段の生活が刺激的、感動的に感じられなくなっていき、不満、不平、欲求が増えていきます。

そして今現在の状態が満たされないために、イライラしやすくなり、肯定的に考えられなくなっていき、いずれは自分自身の考え方が好きじゃなくなり自信を喪失して、孤独に陥っていきます。

人の意識は呼吸に関係していて、呼吸をコントロールできると言うことは意識、感情をコントロールできると言うことです。
肺に空気を吸い込むには横隔膜という膜を使わねばなりません。
この横隔膜の動きは胃の状態によって左右されます。胃の中にたくさんの食べ物が入っていると横隔膜は圧迫されて呼吸は浅くなり十分な空気が肉体に行き届かなくなるため思考が不明瞭になっていきます。

白い砂糖は胃の働きをストップさせるので呼吸も意識も不明瞭となります。そのような状態で人は自己判断が鈍るために他人に判断をゆだねるような傾向、
優柔不断が出てきます。一日一回のデザートは食べすぎです。少量でも食べすぎです。祝い事や特別な日だけの楽しみにしましょう。

ミネラルは熱源であり、やる気の元で、なにかしようとかやってみようとかそのような前向きな気持ちを作ります。白い砂糖はミネラルを奪うために、人を消極的にし、慢性的な疲労を作り出し、肉体を冷やしていきます。
よって起こる症状は糖尿病、手足の冷え、しびれ、咳、アレルギー、ウイルス性疾患、慢性疲労症候群、うつ、自信喪失、不安、不眠、便秘、食欲不振または食欲過剰、不妊、生理痛、生理不順、無精子、アトピー、肌荒れ、手が切れるなどなど数え切れません。

人の気分は血糖値に左右されていて、多糖類とよばれる糖分をとっていると気分は安定していきます。
かぼちゃ、たまねぎ、キャベツ、人参、さつまいもなどがそれです。デザートを作る時の代用は玄米水あめ、麦芽糖がもっともよく、白い砂糖を普段食べていなくて調子がよい人であれば、てんさい糖やメープルシロップで代用するといいでしょう。
また、はちみつや黒砂糖はたまに嗜好品として摂取するぐらいがいいでしょう。
常食はおすすめしません。身体に優しい天然水を毎日1リットルほど飲むと意識がクリアになっていきます。
有害物質を除去できる話題のケイ素と体を若返らせる水素が入った『VanaH』がおすすめです。

体温の低下には『パワーアクティブ』を10粒ほど、
疲労には梅干+しょうゆ+しょうがに番茶を注いだ『梅しょう番茶』が、
白い砂糖によって弱ったすい臓のケアには、かぼちゃ、たまねぎ、キャベツ、人参の『甘い野菜のスープ』がおすすめです。

2008年

10月

06日

社員の体験談「漢方薬でいつの間にかスリムな身体に…」

十字の漢方に入社したばかりの頃の私の身体は、ぽちゃぽちゃして漢方でいう水毒状態でした。

その夏は猛暑で、「熱中症にならないように、早め早めに水分補給しましょう」と、TVで水を取ることをすすめていたため、水分をとってばかりいました。

しかし、私の場合、代謝が悪く、尿があまり出ないので、身体の中に水が溜まるばかりだったのです。

入社して半年間は、慣れない仕事の緊張や疲労から、よく風邪をひいたり、倒れたりして、そのたびに漢方薬を処方してもらいました。

特に、ダイエットのために漢方薬を飲んでいたのではないのですが、食事の時以外はできるだけ水分を摂らず、身体の調子の悪い時々に処方してもらった漢方薬を飲んでるうちに、半年で、いつの間にか10kgも体重が減っていたのです。

漢方薬はその時の身体の状態に合っていると、とっても美味しく感じられます。
美味しいお茶(漢方薬)を飲んで、身体の調子が良くなって、スリムになれるって、うれしいことですよね。体質改善も兼ねて、スリムになることをお望みの方には、漢方水食法をお奨めします。

ご興味のある方は『このような症状の方』のページをご覧ください。

2007年

6月

10日

もしかして隠れ脳梗塞では?

最近、物忘れがひどい、昨日の晩ご飯が思い出せない、手足のしびれが気になる、物につまずくようになってきた、耳鳴り・めまいがする、片足立ちができない、肩こり、頭痛がひどい等といったことはありませんか?
脳梗塞を引き起こす血栓は、30歳代から次第にできるようになり、40歳代以降では、ほとんどの人にごく小さな脳梗塞がみられるそうです。
その結果として、上記のような症状が現れますが、初期段階では梗塞はごく小さいため、症状も現れないか、とても軽度です。これを『隠れ脳梗塞』と言いますが、そのまま放置しておくと、やがて梗塞が大きくなり、大きな障害を残すような脳梗塞につながります。

最近の日本人の死亡原因は、
1位 「ガン」
2位 「心疾患」
3位 「脳疾患」
ですが、このうちの心疾患と脳疾患では、その大半が血栓によるもので、「血栓」が死亡原因の事実上の1位なのです。

特にこれら脳及び心疾患は、なってしまってからでは大変、病気にならないための予防医学の考えが重要となります。
その為には、血液のネバネバ・ドロドロ状態から、血液サラサラ状態へ改善していくことが最重要でしょう。

血液がネバネバ・ドロドロになる主な要因

不規則な生活、ストレス、便秘、生理不順、アルコール、タバコ、偏食、肉食過多、過食、砂糖過多など。

血液をサラサラにするには

少食、野菜や魚をよく食べる。ストレスを減らす。楽しく生きるなど。

2003年

12月

03日

生理不順、無月経

最近、無理なダイエットの後などに生理がこなくなって悩んでいる人がたくさんいるようです。
血が足りなくなって血虚という状態になったり子宮のあたりが冷えてしまったり、逆に血が部分的に固まってしまったりしていずれも生理不順、無月経の原因となります。

それぞれに対する漢方処方を選び服用すると徐々に改善していきます。
その時に、血行やホルモンの効きをよくするツボを併するとさらに良いでしょう。
食養としては、冷たいもの、白砂糖、果物、生野菜等陰性食品をひかえて体を温めるような食品を食べるようにしましょう。

2003年

11月

20日

消えないニキビ跡の漢方

生薬には肌の調子を整えるものがいくつかあります。

黄耆(おうぎ)や挂枝などの入った漢方がよく使われます。新古方薬嚢という生薬の本には「ボク曰く、黄耆、外を補ひ、堅きを緩め、寒を除くことを主どる。故に、自汗、盗汗を治し、肌表の滞を消す」とあります。
皮膚の調子を整えて、固くなった角質を消して、汗っかきな体質を良くしてくれるようなことが書いてありますね。

また、挂枝の所では、「ボク曰く、挂枝、汗を発し、表を調ふ」ここでいう表とは、人間の一番表、すなわち皮膚のことです。
漢方の勉強会では、この2つの生薬が入った漢方のところで、「これ一年飲んどくと、どんなひどいニキビのゴワゴワ肌でも赤ちゃんみたいになるねぇ」と教えてもらいました。


またドロドロ血をとると、赤ニキビができにくくなります。油っぽいもの、お菓子、ジュース、ナッツ類を控えて、ドロドロ血を作らないようにするのも美肌への近道でしょう。

一般的には、やせていたり、筋肉がない虚弱な人には黄耆や挂枝を、筋肉があってガチッとした体型の人には、血をサラサラにする漢方薬が良いみたいですが、必ずしもこうなるとは限らないので、漢方薬局できちんと相談されるとよいでしょう。
また、お米の発酵液の入った物はお肌を再生してくれると聞いています。お試しあれ(^-^)

愛知県・名古屋市・春日井市の不妊治療・アトピーは【十字の漢方】

[ご相談は完全予約制]※商品ご購入のみの場合、予約は不要です。

TEL:0568-31-2025

営業時間:10時~19時

定休日:日曜日定休